レーシック 視力を回復させる方法

レーシックとは視力を回復させる方法として行われている眼科の施術の一つです。


視力は一度落ちてしまうとなかなか回復させるというのは難しいといわれています。


視力を回復させるためにいろいろと試してきたけど劇的に回復したという人は少ないのではないでしょうか。


しかしレーシックでは光の屈折率を矯正することで網膜の焦点がきちんと合うように手術で矯正します。


そもそも視力が落ちてしまうのは網膜が正しく焦点があっていないことが原因ですから、きちんと焦点が合うようにすれば視力は回復するのです。


レンズを使って光の屈折率を変えるためにコンタクトレンズやメガネというようなものがありますが、レーザーで施術をすることでコンタクトやメガネをかけることなく光の屈折を矯正して視力を回復させることができるのです。


レーシックはもともとはアメリカで行われていた視力回復術で、スポーツ選手などが視力を回復させるために受けたことがきっかけで話題になり、日本に導入されたのは安全性が確認されてからだったのでまだ最近のことでした。


ゴルフで有名なタイガーウッズなどもレーシックを受けたことがあるスポーツ選手として知られていますが、日本人、海外の著名人などではレーシックを受けている人は本当に数多くいるといわれています。


数年前まではレーシックはとても高価でなかなか一般の人は施術を受けることができなかったのですが、ここ数年実施している機関も増えましたし値段も手ごろになったために施術を受ける人は増えています。

posted by レーシック | Comment(0) | TrackBack(1) | レーシック