失敗

レーシックをこれから受ける人にとっては失敗しないかということが一番気になる点ではないでしょうか。


確かにレーシックを受けるにあたっては目にレーザーを当てるわけですから一つ間違えればレーシックで目が見えなくなってしまうのではないかという不安感はあると思います。


しかしレーシックで一番恐れられている失敗である失明というのは、今までレーシック施術が始まって以来一度もないとのことです。


角膜にレーザーを当てて行う手術なので失明をすることはないといわれています。


ひとの手によって行われることですから、絶対にないとは言い切れないのですが、レーシックを受けて失敗したという人は今までにいないといわれています。


レーシックを受けて失敗をした人はしかし失明以外ではいます。


たとえば思っていたように視力が回復しなかったという人も、これは失敗にあたると思いますし、一度は施術後に回復したのですが、すぐに元の視力に戻ってしまったという人も中にはいます。


レーシックの失敗例として視力が元に戻ったとか回復をしなかったという例はありますがその場合には再手術を受けることになります。


他にもレーシックでは失敗ではありませんが、副作用というものはあります。


手術の副作用としては極度のドライアイになるという人がいます。


失敗ではありませんので、これは異常でも何でもないのですが、レーシックを受けたことによって視力は回復したけどドライアイに一生悩むという人もいます。

posted by レーシック | Comment(0) | TrackBack(0) | レーシック