医療費控除

レーシックは医療費控除の対象になるのかと思っている人も多いと思います。


レーシックの手術は保険の適応外ですから高い治療費を実費で支払わなくてはいけません。


そのためにレーシックにかかる金銭的な負担を少しでも軽くしたいと思っている人は多いのではないでしょうか。


レーシックは結論から言えば医療費控除の対象となります。


しかし条件が二つほどあり、家族でかかった一年間の医療費の郷英氏多額が10万円以上になっていることが一つ目の条件で、レーシック手術を受けた際の領収書が必要といわれていますから、レーシックを受けた際に領収書をもらい忘れないように注意しましょう。


この二つの条件をクリアしていればレーシック手術は医療費控除の対象になりますから、会社員の人は年末調整の時期に会社に医療費の申請をしますし、自営業の人などは、確定申告の時期に医療費控除として申請をすれば10万以上超えた分に関しては控除されることになっています。


これなら高い手術代であるレーシックを受けても医療費控除の対象になっているので少しお金が返ってくる人も多いのではないでしょうか。


レーシックの種類や両目行うのかなどによっては一〇〇〇〇〇円以上手術代にかかるという人もいると思いますから、レーシックを受けるという場合には後々医療費控除を申請できるように必ず領収書をもらうことを忘れないようにしましょう。


レーシックの病院によっては領収書が出ないところもあるのできちんと確認しておきましょう。

posted by レーシック | Comment(0) | TrackBack(0) | レーシック