レーシックと保険

レーシックは保険が適応になりません。健康保険の適用外ではありますが生命保険が用意している、医療保険にはレーシックが手術の対象になるケースが多いです。多くの人が医療保険に加入していると思いますが、レーシックの手術が手術給付金の対象になっているケースがありますので確かめてみましょう。もしも自分が入っている生命保険の医療保険が手術の対象に当たっているという場合には、契約内容をよく確認してください。だいたいレーシックの手術で支払われる給付金の金額としては5万円から10万円程度支払ってもらえると思いますので、レーシックの手術を受ける際の足しになるのではないでしょうか。
レーシックを受けることが決まったら、一度医療保険に加入している生命保険会社に聞いてみるといいかも知れません。その際レーシックといっても正式な名称ではありませんので「レーザー角膜屈折矯正手術」という名前を伝えた方がいいでしょう。これでレーシックの正式名称がわかりますので手術が医療保険の対象になっているか確認できます。
保険会社が医療保険の給付金を支払ってもらえるとわかったら、医師の診断書が必要です。診断書はレーシックを受けたクリニックで医師に作ってもらう必要があり、場合によっては5000円ほど費用がかかるかもしれません。もしも保険会社で給付金を新鮮するための医師の診断書を用意しているところがある場合には、それをまずは取り寄せて、その取り寄せた診断書で書いてもらう必要があります。
posted by レーシック | Comment(0) | TrackBack(0) | レーシック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/32319129
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック