乱視

レーシックでは乱視を治すことも可能であるのです。


レーシックでは乱視を治すことは難しいと思っている人も中にはいるかもしれませんが、乱視を治すこともできます。


視力回復手術のレーシックであるのですが、乱視も同様にして、レーザーを使って改善させることができます。


近視に乱視が入っているような時でも同じくレーシックでの治療が可能であるのです。


乱視を治療するレーシックと一言で言っても色々な手術の方法があるのです。


近視にはこのレーシックの方法、乱視にはこのレーシックの方法というように分けられているわけではないのですが、レーシックを受ける人の年齢や、その人の角膜の分厚さをチェックしてみたり、今の視力のレベルや手術後になりたいレベルによって手術の方法が変わってくるとされているのです。


乱視でレーシックの手術を受ける時には、適性検査を受けた後に医師によってどの手術が行われるかが決まります。


乱視でレーシックの手術を行う方法は4つの方法があるのです。


まず一つ目は一般的なレーシック、そしてイントラレーシック、エピレーシック、ラセックという四つの方法で行われます。


そのた十数種類あるといわれているのですが、先ほど言ったように乱視でレーシックの方法を選ぶ時には目の状態を見たうえでカウンセリングをして選ばれますから、専門の指示や判断に従うことになると感じます。


乱視でレーシックを受ける際の事前の検査やカウンセリングの検査はほとんどのクリニックが無料で実施されているのです。

posted by レーシック | Comment(0) | TrackBack(0) | 乱視
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/27330767
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック