失敗

レーシックではあまり失敗したということは聞いたことがないと感じます。


レーシックはしかし必ずしも完璧な手術ではありませんから、失敗をすることがあるのです。


レーシックでの失敗というのはどのような失敗だと感じますか?


レーシックをうけて失明するのではないかと思っている人もいるかもしれませんが、レーシックの失敗は失明ではありません。


視力が思うほどに回復しないという失敗があるのです。


また、手術には副作用や合併症がある人も個人差はあるのですがあるといわれているのですから、この副作用がなかなかおさまらないということもレーシックの失敗になります。


レーシックで失敗するということがなぜ起きているのかというと、やっぱりレーシックといのは大変レベルの高い手術であるのですから、失敗が起きてもおかしくないのです。


小さな角膜にレーザーを当てて手術を受けるのであるのですが、小さいので少しずれただけでも、失敗につながってしまうのではないかと感じますか?


レーシックで失敗しないためには私たちが特に気をつけることというのはありません。


しかし病院選びをしっかりしておけば失敗をなくすことは可能であるのです。


失敗のそんなにない腕のいい医師のいる病院を見つける、それが私たち自身ができる失敗をなくす方法ではないかと感じます。


同じレーシック手術を受けるのでしたら、失敗したくないと思っている人もたくさん存在すると感じます。


失敗しないためにも、きちんと実績のあるクリニックを選んだうえで手術を受けるべきです。

posted by レーシック | Comment(0) | TrackBack(0) | 失敗
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/26788113
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック